<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

精神疾患の予防

住吉太幹鈴木道雄水野雅文松元まどか

精神科臨床 Legato Vol.5 No.2, 4-11, 2019

精神疾患に対する早期介入の重要性は広く認識されているが,近年,予防の観点から,精神疾患を発症するリスクが高い「精神病発症危険状態(ARMS)」への介入に関心が高まっている。本座談会では,住吉太幹先生ご司会のもと,精神疾患の早期介入・予防研究に精力的に取り組まれている先生方にお集まりいただき,国内外の動向や研究の現況,実践の課題などをご討議いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る