<< 一覧に戻る

Psychiatric Lecture

支援 あさかホスピタルグループにおける共生社会実現に向けての展開

佐久間啓

精神科臨床 Legato Vol.5 No.1, 24-28, 2019

日本では精神医療や精神障害者に対する社会の受容や共生社会の実現に向けては多くの障壁や課題がある。精神科の長期在院者の地域移行が強く叫ばれる一方で,精神障害者への理解や地域社会の受け入れには困難も多く,生活の場,社会参加,就労の機会にも乏しい現状がある。誰もが幸せにともに生きる社会に向けて,地域への新たな価値の創造や地域づくりを目的とした当法人の活動の展開について紹介する。
「KEY WORDS」アンチスティグマ,共生社会,精神科地域移行,地域包括ケア,統合型精神科地域治療プログラム

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る