<< 一覧に戻る

Conference Report

第13回日本うつ病学会総会

徳倉達也

精神科臨床 Legato Vol.3 No.1, 60-61, 2017

日本うつ病学会は,うつ病への社会的関心が高まってきたことを契機に,うつ病の臨床・研究の発展と充実への寄与および一般社会への適正な情報提供を目的として2004年に発足されました。英語ではJapanese Society of Mood Disordersの表記であり,すなわち,うつ病のみならず双極性障害も学術活動の中心的対象としています。会員は,医師や医学研究者に加えて,保健師,看護師,臨床心理士など幅広い分野から構成されており,会員数は現在1,500名以上にのぼります。多職種間で積極的な交流がもてることも本学会の大きな特徴です。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る