<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

脳機能からみる精神疾患

村井俊哉宮田淳大石直也阿部能成

精神科臨床 Legato Vol.3 No.1, 4-12, 2017

精神疾患の病態は未解明の部分が多く,さまざまな研究方法を駆使しての解明・理解が試みられている。そのなかで脳イメージングは多くの技術開発が行われ,近年注目を集めている。そこで,本座談会では村井俊哉先生司会のもと,脳画像研究の気鋭の先生方にお集まりいただき,最先端の技術でどのようなことが解明されているのか,そしてその臨床応用への可能性についてご紹介,ご討論いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る