<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

うつ病概念を再考する

岩田仲生岡本泰昌功刀浩加藤隆弘

精神科臨床 Legato Vol.2 No.4, 4-12, 2016

今日まで,うつ病についてさまざまな研究や論考がなされてきたが,うつ病の概念として確立されているものは数少ない。その一方で,精神医学に対する病態解明や説明の社会的要請は高まっている。そこで本座談会では,岩田仲生先生司会のもと,国内のうつ病研究の最先端を走られている3名の先生方にお集まりいただき,それぞれ異なる切り口でのうつ病の病態解明の研究についてご紹介,ご討論いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る