<< 一覧に戻る

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス

Coffee Break 従来の形態診断からスピンオフして考える特殊な腫瘍組織の生検診断

藤盛孝博田代敬市川一仁九嶋亮治

大腸がんperspective Vol.4 No.1, 13-17, 2018

臨床背景,内視鏡,レントゲンなどから総合的に診断するのが常であるが,Coffee Breakとして取り上げた理由は,臨床診断と異なる生検標本からどのように考えるかという企画であり,色々なご意見をいただければ幸いである。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る