<< 一覧に戻る

座談会

血友病のリハビリテーション

牧野健一郎芳賀信彦上野竜一下川亜希子舌間秀雄

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 6-17, 2016

牧野:内科・小児科の先生方のなかには「出血していなければ問題ない」,「インヒビター患者さんにリハビリテーションを行うことは難しい」といった旧来の考えから,リハビリテーション科への依頼を躊躇してしまう先生がおられるかもしれません.しかし血友病患者さんにおいてもリハビリテーションを行うことで筋力の強化や関節可動域の改善が期待され,QOL・ADLの向上につながることが明らかになっています.本座談会では「血友病のリハビリテーション」をテーマに,血友病患者さんにおけるリハビリテーションの必要性や補充療法の意義,主治医の先生方が注意すべきポイントなどについてご討論いただきたいと思います.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る