<< 一覧に戻る

老化と心血管疾患

第5回 Wntシグナルと心血管系老化

塩島一朗

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 48-53, 2015

「1.Wntシグナル伝達系」Wntは分子量約4万の分泌蛋白で,種を超えて保存されている.ショウジョウバエで最初に同定されたwingless(wg)とマウス乳癌ウイルスによって活性化される癌遺伝子として同定されたint-1が相同遺伝子であることから,脊椎動物におけるwg相同遺伝子はWnt(wg+int)と呼ばれるようになった.Wntにより活性化される細胞内シグナル伝達経路には少なくとも3つ[①β-カテニンが遺伝子発現を制御するβ-カテニン経路,②平面内細胞極性(planar cell polarity(PCP))を制御するPCP経路,③細胞内Ca2+動員を促進するCa2+経路]が存在する(図1)1).このうちβ-カテニン経路は古典的Wnt経路(canonical Wnt pathway),それ以外の経路は非古典的Wnt経路(non-canonical Wnt pathway)と呼ばれることもある.
「Key Words」C1q,骨格筋再生,血管リモデリング,心不全

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る