<< 一覧に戻る

Cancer biology and new seeds

腫瘍進化

上野浩生南谷泰仁

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 83-86, 2019

近年,テクノロジーの進化により腫瘍進化の機序が明らかになってきており,実臨床への応用が期待される。これは,個々のがん遺伝子だけではなく,腫瘍進化の本質そのものを標的とすることを意味する。本稿では,腫瘍進化の機序に関する最新の知見を紹介し,腫瘍進化という枠組みでどのような治療方法が開発されてきているかを解説する。
「KEY WORDS」腫瘍進化,腫瘍内多様性,適応性のある治療,精密医療,がんゲノミクス

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る