<< 検索結果に戻る

免疫療法を含む併用療法 免疫療法と分子標的薬の併用

がん分子標的治療 Vol.15 No.2, 36-41, 2017

免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1抗体,抗PD-L1抗体,抗CTLA-4抗体)は,多くのがん腫で使用されるようになった。しかし,さらなる抗腫瘍効果の改善が期待されており,分子標的薬との併用も有効な選択肢として考えられる。免疫増強が期待される薬剤,または対象となるがん腫に対して有効性が示されている薬剤が併用薬として選択されている。免疫チェックポイント阻害薬と分子標的薬の併用療法は,有望な治療の選択肢となる可能性があるが,毒性も増強される。最適な患者群を選択するためのマーカーを探索していく必要がある。
「KEY WORDS」免疫療法,抗PD-1/PD-L1抗体,分子標的薬,血管新生阻害薬,チロシンキナーゼ阻害薬

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録