<< 一覧に戻る

微生物ABC

腸管出血性大腸菌の細菌学的特徴

西順一郎

up-to-date 子どもの感染症 Vol.6 No.1, 4-9, 2018

腸管出血性大腸菌(Enterohemorrhagic Escherichia coli:EHEC)は下痢原性大腸菌の病原型(pathotype)の1つであり,志賀毒素(Shiga toxin:Stx,ベロ毒素)を産生しヒトに出血性下痢症を起こす大腸菌と定義される.ヒトでの病原性が明らかでない株も含めると,志賀毒素産生大腸菌(Shiga toxin-producing E. coli:STEC)やベロ毒素産生大腸菌(Vero toxin-producing E. coli:VTEC)と総称されることもある.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る