<< 一覧に戻る

Highlights 学会印象記

第38回日本アルコール関連問題学会秋田大会

沼田由紀夫

Frontiers in Alcoholism Vol.5 No.1, 47-48, 2017

第38回日本アルコール関連問題学会が2016年9月9日~10日に陸奥(みちのく)秋田市で開催された。大会長は秋田大学大学院医学系研究科 米山奈奈子教授で,近年大都市と地方の医療福祉サービスの格差が拡大している印象が否めない,という観点から秋田大会のテーマは「回復する依存症~格差社会の中で~」と設定された。会場は秋田市にぎわい交流館ほか,計3ヵ所に分かれていたため移動に時間を要したが,各会場間を歩いても5分程度の距離であり,あまり問題はなかった。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る