<< 一覧に戻る

特集 AGEsと女性医療

2 AGEsと心血管病

田原宣広田原敦子戸次宗久杦山陽一緒方詔子本多亮博山岸昌一福本義弘

WHITE Vol.7 No.2, 16-21, 2019

アテローム性動脈硬化症の危険因子として,喫煙,高血圧,脂質異常症,糖尿病などが知られており,中でも糖尿病は冠動脈疾患,脳血管疾患,閉塞性動脈硬化症の合併頻度が極めて高い.糖尿病症例における動脈硬化症の増加の一因としてリポタンパクの酸化や糖化の亢進の他に,高血糖状態により促進的に生成される終末糖化産物(advanced glycation end products:AGEs)が関与していることが示唆されている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る