<< 一覧に戻る

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典

セルライト

尾見徳弥

WHITE Vol.2 No.2, 72-73, 2014

セルライトとは,脂肪層の局所的な代謝不全によって主に女性皮膚の体表に現れる状態である.通常は皮膚の凸凹の変化としてみられる.
セルライトの皮膚の凸凹は,臨床的な形状では“orange peel appearance”として知られている.この変化は1920年に“non-inflammatory complex cellular dystrophy”として初めて報告された.セルライトはいわゆる肥満とは異なる.肥満は脂肪細胞が肥大,増加する結果生じるが,腰部,大腿部などの部位の局在はみられない.一方でセルライトは臨床的に皮膚の変化を伴うことが特徴とされ,セルライトの最も好発部位は大腿背側部,次いで腹囲とされる.また肥満では皮下組織がほぼ均一であるのに対して,結節状の変化を呈することも異なっている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る