<< 一覧に戻る

特集 Rejuvenation(若返り)

1 皮膚科領域のRejuvenation

川田暁

WHITE Vol.2 No.2, 12-16, 2014

「はじめに」現在日本では老齢人口が増加傾向にあり,高齢化が顕著に進行している.皮膚疾患を含むさまざまな皮膚トラブルが高齢者における重要な問題になっている.その中でQOLを低下させる病態の1つとして,皮膚の「老化」がある.これは加齢による皮膚の変化であり,症状としてはシミ,シワ,たるみなどがある.特に,顔面・頸部・手背部などの日光裸露部では慢性の紫外線照射による影響が加わり,通常の老化とは質的に異なる変化を生じ,これを「光老化」という.実際の症状としては,色が黄ばみ,種々の色素斑(シミ)が増え,太くて深いシワが増え,皮膚がたるみ,皮膚の光沢がなくなり,乾燥する.これらの老化や光老化の症状を,種々の治療を用いて改善することをRejuvenation(若返り)と言う.しかし,皮膚自体が若い時の皮膚に戻るわけではなく,改善した状態のまま永遠に続くわけでもない.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る