<< 検索結果に戻る

オックスフォード大学留学記~留学を振り返って今思うこと~

DIABETES UPDATE Vol.6 No.1, 54-55, 2017

私は2010年4月から6年と少しの間,英国のオックスフォード大学糖尿病内分泌代謝センターおよびウェルカムトラスト人類遺伝学センターのMark I. McCarthy教授グループに所属し,2型糖尿病やそれに関連する病態の遺伝素因の研究に携わってきました。本誌には2012年に一度留学記を載せていただきましたが,今回,日本に帰国して約半年が過ぎ,当時の自分の留学記を懐かしく読み返しながら,もう一度オックスフォードでの生活を振り返ってみました。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録