<< 検索結果に戻る

第4回 質問をデザインする

DIABETES UPDATE Vol.5 No.4, 51-53, 2016

今日の診療では,患者さんにどんな質問をしましたか? 患者さんの体調や,食事・運動のことなど,たくさん質問したはずです。
「その症状はいつからですか?」
「食事療法は守れていましたか?」
「ご家族に糖尿病の方はいますか?」
言うまでもなく,医者から患者さんに質問をする行為は「問診」と呼ばれ,短時間で効率よく患者さんから情報収集する力,すなわち「問診力」は基本的な臨床スキルです。
一方,コーチングでも「質問」は最も重要なスキルの1つ。今回は,私たちの「問診」とは一味も二味も違う,コーチの「質問」について考えてみましょう。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録