<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

膵癌における家族性腫瘍の臨床上の意義と治療方針

高折恭一森実千種菅野康吉金子景香

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 4-11, 2016

家族性膵癌は膵癌症例全体の5~10%に該当し,家族性膵癌家系の個人における膵癌発症リスクは,そうでない家系の個人に比べ有意に高いことが判明している。死亡率が高く,罹患率が低い膵癌のスクリーニングにおいてはハイリスク群を対象とする必要があり,家族性膵癌家系は膵癌のリスクファクターとして重要な手がかりとなる。しかしながら,家族性膵癌を引きおこす遺伝子異常などのメカニズムについては,いまだ不明な点が多く残されている。本日は,家族性腫瘍に関わるエキスパートの先生方にお集まりいただき,家族性膵癌の臨床上の意義と治療方針について討論いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る