<< 一覧に戻る

Person 診療・研究の現場より

学校法人 行岡保健衛生学園 大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科

仙波恵美子

Locomotive Pain Frontier Vol.7 No.1, 42-45, 2018

ご家族が患っていた尋常性乾癬がストレスにより悪化することを目の当たりにした仙波先生は,「ストレスと疾病の関係性を知りたい」と医学部に進学。内科・神経内科の医師としてストレスや痛みで苦しむ多くの患者の診療にあたるなかで,神経解剖学に興味をもつ。以後,定年まで,ストレスや痛みにより,脳・神経系がどのような影響を受けるかについて一つひとつ丹念に明らかにしてきた。現在は,その基礎研究での成果を基盤としてリハビリ分野で活躍する仙波先生に,これまでの歩みと現状,そして,今後の展望を語っていただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る