<< 検索結果に戻る

Question2 「股関節の関節唇損傷の診断と治療について教えてください。」

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.2, 36-37, 2017

股関節唇損傷に対しては,以前は診断が容易ではなく,診断に至ったとしても保存的に治療されることが多くありました。しかし現在では病態認識が高まり,さまざまな画像診断と股関節鏡手術の進歩により手術的治療が普及しつつあります。そこで本稿では,股関節唇損傷の診断と治療について概説したいと思います。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録