<< 検索結果に戻る

慢性痛患者の当事者研究

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.2, 24-27, 2017

「べてるの家」で2001年から始まった当事者研究は,さまざまな分野へ広がりをみせている。当事者研究における外在化の手法は慢性痛を軽減させる一つの手立てとなる可能性があり,応用性が高いと考えられる。本稿では,筆者の40年来の慢性痛が軽減したプロセスを報告するとともに,患者の視点から痛みの破局化思考を捉え直し,慢性痛患者における当事者研究のありようを検討した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録