<< 検索結果に戻る

高齢者におけるサルコペニアと筋力トレーニング

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 48-50, 2016

サルコペニアとは加齢により起こる骨格筋量の減少であり,測定法や定義が確立されてきたことを契機に,近年,サルコペニアの基礎的および臨床的研究が世界的に盛んに行われ,病態解明が進みつつあると同時に治療・予防薬の開発が進められている。いかなる治療法が開発されても基本となるのは筋力トレーニングであり,高齢者にとっても安全で有効なトレーニングの方法が報告されている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録