<< 一覧に戻る

Case Study 症例検討

プロ野球選手の腰下肢痛に対する診断と治療

加藤欽志大歳憲一矢吹省司紺野愼一

Locomotive Pain Frontier Vol.3 No.2, 32-39, 2014

「はじめに」野球選手を含めたスポーツ選手において,急性・慢性の腰痛や下肢痛をきたす脊椎疾患はパフォーマンスを低下させる原因となるため,正確な診断と適切な治療が求められる。野球選手のスポーツ障害では,肩,肘関節の障害が注目されることが多いが,脊椎疾患も決して稀ではない。現時点では,日本野球機構におけるスポーツ障害に関する資料はなく,わが国のプロ野球選手における脊椎疾患の頻度は不明である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る