<< 検索結果に戻る

特集にあたって

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 6, 2016

日本は世界一の高齢化社会といわれており,総人口の4分の1が65歳以上の高齢者となっている。さらにWHOの定義などによると,65歳以上が人口の21%を超えると“超”高齢社会に該当するようである。まさに日本は超高齢化,どこにいても高齢者を多く見かけるようになった。高齢者は加齢とともに何らかの疾患や機能不全を伴うので,医療施設の受診者は高齢者が大半を占めることになっている。社会全体が今までに経験したことのない高齢化問題に手探りで対処しているなか,医療もこの問題の最前線に立っていることを実感している。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録