<< 検索結果に戻る

握力は全死因死亡および心血管死亡予測に関して収縮期血圧よりも強力な指標である

Prognostic value of grip strength; findings from the Prospective Urban Rural Epidemiology (PURE) study. Leong DP, Teo KK, Rangarajan S, et al ; Prospective Urban Rural Epidemiology (PURE) Study investigators. Lancet 386 : 266-273, 2015

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 83-84, 2016

「要約」1.背景
握力検査で測定した筋力低下が全死因死亡と心血管死亡の増加に関係するといわれている。握力検査は心疾患のリスク層別化の簡単,迅速,安価な方法として魅力的であるが,握力検査の大規模な異なる集団における予後に対する重要性とその交絡因子は明らかでない。本研究は社会文化的,経済的に異なる国々においても握力検査が独立した予後規定因子であるかを評価することを目的とした。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録