<< 一覧に戻る

基礎講座 水電解質のオミックス

第7回 脳脊髄液のオミックス

石原誠人

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.3, 68-75, 2015

「はじめに」脳神経性疾患は,くも膜下出血,脳内出血,脳梗塞など直接生命に影響を与える脳血管障害やパーキンソン病,アルツハイマー病などの神経変性疾患,多発性硬化症などの免疫性神経疾患などからなり,その症状は多岐にわたる。いずれの疾患も発病の予測,正確な病態の診断,予後の判定が病態制御においてきわめて重要であることから,バイオマーカー探索は急務の課題として取り組まれてきた。脳脊髄液(cerebrospinal fluid;CSF)は脈絡叢で産生される無色透明の生体液で,その構成成分は脳内環境の変化を反映すると考えられ,古くからさまざまな脳神経性疾患のバイオマーカー探索における解析対象とされてきた。本稿では,脳神経性疾患におけるCSFを用いたオミックス解析によるバイオマーカー探索に関して近年の研究を紹介しつつ,最新のCSFのオミックス解析の臨床への貢献を解説していく。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る