<< 一覧に戻る

Questionnaire

塩分制限

増山理

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.4, 67-72, 2014

[Q1うっ血症状を伴った中等度の心不全の急性増悪期の食塩制限についてどう考えますか。次のうちから1つお選びください。]
(1)1日2g以下の食塩制限が必要
(2)1日2~3gの食塩制限が必要
(3)1日6g以下の食塩制限が必要
(4)必ずしも必要ではない
(5)病態に応じて食塩制限の程度を変えるべきである
[Comment―コメント―]塩分制限の実状を問うた。循環器疾患で入院する患者に対しては,1日6g以下の減塩食を処方している施設がほとんどではないかと思われる。(5)病態に応じて食塩制限の程度を変えるべきであるという回答が約3割あった。「過度の塩分制限は食欲低下を招くので,そこまでの塩分制限は必要ない」というコメントが多数あったので,“病態に応じて”塩分制限の程度を変えるというのはその点に配慮してということのようである。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る