<< 一覧に戻る

New Arrival & Comment 新着論文解説

要訳と解説(2)一般住民におけるfibroblast growth factor 23と心血管病

髙濱博幸北風政史

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.2, 28-32, 2015

Kestenbaum B, Sachs MC, Hoofnagle AN, et al : Fibroblast growth factor-23 and cardiovascular disease in the general population : the Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis. Circ Heart Fail 7 : 409-17, 2014
「概要」
背景:Fibroblast growth factor 23(FGF23)はリン調節ホルモンである一方,実験モデルにおいて直接的な左室肥大作用が報告されている.一般住民においてFGF23の心血管病の進展における役割については未解明である.本研究では前向きコホートにおいてFGF23と潜在的な主要心血管病の存在と臨床的な心血管病アウトカムの関連性について検討した.
方法:登録時に心血管病を有さない6,547名の参加者について検討した.血清FGF23についてはKainos immunoassay方法を用いて測定した.またMRIによって左室重量,CTによる冠動脈石灰化,エコーによって頸動脈内膜中膜厚を測定した.また心不全,冠動脈疾患,脳卒中のイベントを調査した.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る