<< 一覧に戻る

日本臨床麻酔学会

日本臨床麻酔学会第30回大会

並木昭義加藤実

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 59-69, 2011

 本日は「プライマリー・ケアにおける神経障害性疼痛に対する薬物療法」をテーマに,加藤実先生(日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野准教授)にご講演いただきます.
 加藤先生は,1983年に日本大学を卒業,麻酔科に入局されました.1994年,講師に就任ののち,1996年にトロントへ留学されています.その後,2000年に麻酔科助教授,2007年に麻酔科准教授の職に就かれ,1993年には日本麻酔科学会総会にて山村記念賞を受賞されています.
 ペインクリニック分野の第一人者であり,最先端で活躍されている加藤先生に,本日は貴重なお話をうかがえるかと思います.

プライマリー・ケアにおける疼痛治療の可能性

座長 並木昭義  演者 加藤 実

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る