<< 一覧に戻る

Case Report 症例報告

腰痛・下肢痛を主訴にドクターショッピングをかさねた患者

A woman with chronic severe back and leg pain

森利光

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 54-57, 2011

はじめに
 発症から1年後に当院を受診し,疼痛の寛解に2年を要した慢性腰痛症例を経験したので報告する.

症例

当院初診までの経過

 患者は中年女性で,明らかな誘因なく右殿部~鼠径部にかけての痛みが出現し,A産婦人科・B整形外科・C泌尿器科・D胃腸科・E精神科を受診し投薬を受けながらFクリニックに入院した.1カ月後G病院で神経根ブロックを施行し,その3カ月後H病院でカイロプラクティックを受けた.しかし,疼痛は増強し歩行困難となり,I整形外科病院でMRIを施行した.手術をすすめられたが手術治療に同意せず,J整形外科では椎間板症の診断を受けた.その2カ月後K大学病院を受診しブロック療法を受け,L病院へ入院となった.約2カ月間の入院後,退院をすすめられ13番目の医療機関として当院を受診した.発症から1年2カ月が経過していた.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る