<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

胎児,新生児,乳児の突然死を巡る最新情報

戸苅創児玉由紀大木茂加藤稲子

Fetal & Neonatal Medicine Vol.10 No.2, 8-16, 2018

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは,予兆や既往歴がないまま乳幼児に突然の死をもたらす疾患である。わが国ではSIDSは減少しているものの,いまだ乳児の死亡原因の上位を占めていることから,その発症を軽減するための予防対策が強く求められる。一方,胎児や新生児に発生する突然死との関係も不明な点が多く,産科・新生児科と法医や病理の医師との連携についても今後の課題となっている。本座談会では「胎児,新生児,乳児の突然死を巡る最新情報」をテーマに,疾患概念の変遷・整理,それぞれの時期に起こる問題やその予防対策についてご討論いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る