<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

画像・分子マーカーから早期肝細胞癌の悪性度を考える

泉並木北尾梓有泉俊一安井豊村上善基

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.1, 19-29, 2014

肝細胞癌(hepatocellular carcinoma; HCC)に対する治療法選択において, 腫瘍サイズ・腫瘍数, 肝機能評価などに加えて, HCCの分化度・悪性度評価は重要な位置づけにある. 近年では, Gd-EOB-DTPA(ガドキセト酸ナトリウム: 商品名EOB・プリモビスト(R))や超音波造影剤ソナゾイド(R)の登場でHCCの診断技術が向上し, 新しい画像検査法が腫瘍悪性度の推定に有用であることがわかりつつあり, 非侵襲的な悪性度診断の実現に期待が高まる. また, HCCの予後・再発に各種分子マーカーが関与することが相次いで報告され, 実臨床への応用が待たれる. そこで本座談会では, Gd-EOB-DTPA造影MRIおよび造影超音波を用いた画像診断に基づくHCC悪性度評価の臨床的有用性, ならびに分子マーカーによる腫瘍悪性度の診断的価値について, それぞれ専門の立場から討議いただいた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る