<< 一覧に戻る

目で見る肝癌

肝細胞腺腫と限局性結節性過形成

上野彰久真杉洋平江本桂辻川華子谷本伸弘坂元亨宇

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.4, 11-16, 2012

「はじめに」肝細胞腺腫(hepatocellular adenoma; HCA), 限局性結節性過形成(focal nodular hyperplasia; FNH)は, いずれも画像上は多血性を呈し, 肝細胞癌(hepatocellular carcinoma; HCC)との鑑別が問題となる病変である. 前者は腫瘍性病変であり, 肝細胞癌のリスクとなることが知られており, 後者は真の腫瘍ではなく, 基本的には肝細胞癌発生のリスクとはならないが, 画像上も病理学的にも両者の鑑別が困難であることは少なくない1). Gd-EOB-DTPA(ガドキセト酸ナトリウム: 商品名EOB・プリモビスト®)造影MRI(以下, EOB-MRI)の肝細胞相においては, 造影剤の取り込みが肝細胞機能を反映することが知られており, これを用いた鑑別の試みも報告されている2). 本稿では, HCA, FNHのそれぞれの症例を画像・病理を対比しつつ供覧し, 若干の文献学的考察を加え概説する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る