<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

肝細胞癌治療における背景肝病変の意義

西口修平川口巧久保正二田中弘教能祖一裕

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.4, 13-24, 2011

 わが国の肝細胞癌(以下,肝癌)の多くは,C型およびB型肝炎ウイルスへの感染を起因とするが,近年これらのウイルス感染を原因とせず,アルコール性肝炎あるいは非アルコール性脂肪性肝炎に起因して発癌する非B非C型肝癌が増加傾向にある。また,背景肝病変は肝癌の予後規定因子の1つであり,肝癌に対する治療および再発サーベイランスのアルゴリズムを効果的に実践するにあたって重要な意味があると考えられる。そこで,本座談会では「肝癌治療における背景肝病変の意義」をテーマに,肝癌の予防・治療ならびに予後に対する背景肝病変の影響について,内科と外科それぞれご専門の立場から討論いただいた。

[出席者,発言順]
西口 修平(司会)
兵庫医科大学肝疾患センターセンター長

川口  巧
久留米大学医学部消化器疾患情報講座・内科学講座講師

久保 正二
大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵外科学准教授

田中 弘教
兵庫医科大学内科学肝胆膵科講師

能祖 一裕
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科分子肝臓病学准教授

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る