<< 一覧に戻る

HCC Best Practice

虎の門病院肝臓センターにおける肝細胞癌治療の取り組み 根治術適応期間の延長に全力を尽くす

池田健次

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.1, 53-59, 2010

虎の門病院肝臓センターにおける肝細胞癌治療の取り組みについて, 同センター部長の池田健次先生にお話を伺った. 「幹細胞癌を定期サーベイランスで早くみつける」, 「すべての病変を確実に仕留める」ことで, 根治術適応期間の延長に尽力していると話す池田先生. しかし, 最も大切なことは, 肝細胞癌を発症させないことである. そのために, B型・C型肝炎ウイルス感染の予防にも力を注いでいる. 「虎の門病院肝臓センターの概要」虎の門病院肝臓センター(肝臓内科)は, 肝臓病, 主にB型・C型肝炎ウイルス, アルコール, 肥満による急性肝炎および慢性肝炎, 肝硬変, 肝癌を専門的に診療している. そのため「肝細胞科と呼ばれることが多い」と, 同センター部長の池田健次先生は笑いながら話す. 診療スタッフは常勤医15名, 非常勤医2名(2010年4月現在)で, 現在, 病診連携を図りながら約5,000名の肝臓病患者をフォローアップしている. 受け持ちベッド定数は本院36床・分院80床, 年間退院患者数は本院が約850名, 分院が約1,700~1,800名で, そのうち肝癌は本院, 分院ともほぼ同数の約600名で, 全体で約1,200名である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る