<< 一覧に戻る

肝癌の局所治療―手術とRFAは本当に同等か?―

(1)同等の傍証

―自験例と全国データ―

椎名秀一朗建石良介後藤絵理子内野康志新野徹榎奥健一郎中川勇人増崎亮太近藤祐嗣五藤忠吉田晴彦小池和彦金井文彦

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.1, 26-31, 2010

「Summary」肝細胞癌では, 以前から経皮的局所療法と肝切除のいずれが優れているかという議論がなされてきた. 現在では, ラジオ波焼灼療法(RFA)と肝切除とを比較する多施設共同研究も実施されている(SURF trial). 以前の経皮的エタノール注入療法(PEIT)との比較では肝切除のほうが優れているとされ, ガイドラインでは肝切除がより推奨された. しかし, その根拠となった全国データをみると, 2病変, 3病変ではほとんどの場合, 両治療間の生存率に有意差が認められていない. さらに, 両治療間では背景因子が異なり, このデータで優劣を論じることには限界がある. 海外のランダム化比較試験や他の比較研究では, PEITと肝切除とで生存率の差は認められなかった. 現在, PEITはRFAに置き換わった. 自験例では, 初発肝細胞癌1,030例の生存率は1年96.7%, 3年81.9%, 5年61.5%, 7年47.3%, 10年29.9%である. 全国データでは, RFA9,643例の生存率は1年95.0%, 3年76.7%, 5年56.3%, 7年39.3%であり, 肝切除25,066例では1年88.2%, 3年69.5%, 5年54.2%, 10年29.0%である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る