<< 一覧に戻る

クリニック紹介

目々澤醫院

目々澤肇

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 34-37, 2016

東京都江戸川区の閑静な住宅街に1933年から開業している目々澤醫院。3代目院長の目々澤肇先生は大学病院での長い臨床経験をもとに,頭痛や脳卒中などの神経疾患を中心に診療を行っている。外来のほか,近隣の介護施設への回診も行い,地域に根差した診療に取り組まれている。その他,東京都医師会理事として,医療情報に関するシンポジウムや講演など多様な活動を行われており,多忙な日々を送る目々澤先生に,クリニック継承の経緯やパーキンソン病(PD)診療への取り組み,医療連携についてお話を伺った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る