<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

パーキンソン病に対するリハビリテーションの有効性を考える

鈴木則宏林明人中馬孝容高橋一司

Frontiers in Parkinson Disease Vol.8 No.2, 5-13, 2015

パーキンソン病(PD)では運動症状が進行性に発現することから,運動機能の廃用を招き,運動症状自体の悪化や患者のADL・QOLの低下につながる。現在,PDに対しては対症療法としての薬物治療が多く行われているが,患者の運動機能を維持・改善するためのリハビリテーションは,その重要性が注目されはじめ,今後の発展が期待される分野である。そこで今回は神経内科・リハビリテーション科の先生方にご出席いただき,PDに対するリハビリテーションの意義とエビデンス,問題点,ガイドラインにおける位置づけ,今後の展望についてご討議いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る