<< 一覧に戻る

パーキンソン病診療Q&A

パーキンソン病の排尿障害

榊原隆次内山智之岸雅彦

Frontiers in Parkinson Disease Vol.3 No.1, 58-61, 2010

「Q1」パーキンソン病の排尿障害の特徴は何ですか?「A」パーキンソン病(PD)は, 筋固縮・動作緩慢・振戦・姿勢反射障害などの運動障害を呈する疾患ですが, 近年PDの非運動性徴候が注目されています1). 非運動性徴候として認知機能障害・精神症状・自律神経障害・睡眠障害が挙げられます. 自律神経障害の中には, 便秘・起立性低血圧・発汗障害・排尿障害・性機能障害などがありますが1), 特に排尿障害はPD患者さんに多く認められ, 生活の質(QOL)の低下の大きな原因となっています. コントロールスタディによりますと, PD患者さんでの排尿症状は27~64%にみられ, 健常対照群より有意に多くみられました(図1)2)3). このうち夜間頻尿が60%以上と最も多く, 続いて尿意切迫感が33~54%, 昼間頻尿が16~36%にみられました. 尿失禁は, 男性で26%, 女性で28.5%にみられました. 一方, 残尿はほとんど認められませんでした. すなわち, 過活動膀胱(overactive bladder:OAB, 尿意切迫症候群ともいいます)が, パーキンソン病の排尿症状の特徴といえます.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る