<< 一覧に戻る

On going clinical study

POTENT試験(Postoperative Therapy with Endocrine and TS-1)

(エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳癌に対するS-1術後療法ランダム化比較第Ⅲ相試験)

井本滋

CANCER BOARD 乳癌 Vol.5 No.2, 70-71, 2012

概要
 St.Gallen国際会議あるいはNCCNガイドラインでは,ER陽性HER2陰性乳癌の術後補助薬物療法は「内分泌療法単独」あるいは「化学療法後の内分泌療法」が推奨されている。しかし,どのような症例でどの化学療法がどのタイミングで必要でありかつ有効であるかは不明である。ER陽性HER2陰性乳癌は,従来のアントラサイクリンおよびタキサンによる術前化学療法では高いpCR率が期待できず,さらにpCRが必ずしも予後予測因子ではない。一方,国内での早期乳癌患者に対する経口FU剤の術後補助療法の臨床試験のサブセット解析からER陽性乳癌では内分泌療法に経口FU剤の上乗せ効果が示唆された。以上から,再発中間リスク以上のER陽性HER2陰性乳癌を対象に標準的な化学内分泌療法では克服できない不顕性の微小転移が内分泌療法にS-1を併用することで制御可能かどうか検証する試験が計画された。

目的・デザイン
ER陽性HER2陰性で再発リスクが中間以上と考えられる原発性乳癌を対象とし,標準的な術後内分泌療法より内分泌療法にS-1を併用することで再発抑止効果が高まることをランダム化比較試験により検証する。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る