<< 一覧に戻る

臨床試験紹介

JCOG1302-A

ステージⅢ胃癌に対する術前診断の妥当性についての研究

森田信司

胃がんperspective Vol.10 No.3, 58-61, 2019

胃癌のステージを決定する際に重要となる要素は,腫瘍の壁深達度と領域リンパ節への転移の有無とその個数を正確に把握することである。本試験では,現行の日常臨床で行われている上部消化管内視鏡検査と腹部CT検査により,明らかな遠隔転移を伴わない進行胃癌と診断された患者を対象として,術前の診断精度を検証する大規模な前向き観察研究である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る