<< 一覧に戻る

胃癌診療の歴史

第23回 Konjetznyによる胃癌の臨床~晩期予後と予防~

岡島邦雄

胃がんperspective Vol.9 No.2, 70-78, 2017

前回まで3回にわたってKonjetzny著『Der Magenkrebs』1)を題材に当時の胃癌治療の状況および外科治療の適応とその成績を概観してきた。今回はその締めくくりとして,同書に書かれている晩期予後とその関連事項ならびに胃癌の予防について紹介する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る