<< 検索結果に戻る

胃切除後患者のQOL向上を目指して

胃がんperspective Vol.9 No.1, 5-15, 2017

QOL評価は患者ニーズに応える医療の提供に不可欠である。特に,胃癌領域では根治が見込める早期胃癌患者の増加に伴い,胃切除後のQOLへの関心が高まっている。QOL向上を期待して縮小手術が行われているが,その意義を証明するエビデンスは乏しく,信頼性と妥当性が確認されたQOL評価尺度による検証が求められている。このような背景から,最近日本で胃切除後のQOL評価に特化した「共通のものさし」として質問票「PGSAS-45」が策定された。本座談会では,PGSAS-45の開発を主導した中田浩二先生による司会のもと,自施設の手術成績評価にPGSAS-45を活用している先生方,ハイボリュームセンターの先生方を交え,胃癌診療や臨床試験におけるQOL評価の意義,縮小手術,術式の適応・選択などについて貴重な意見が交わされた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録