<< 一覧に戻る

早期大腸癌の内視鏡治療・外科手術の最前線

特集にあたって

田中信治

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.3, 7, 2011

 大腸内視鏡検査が普及し,内視鏡的粘膜切除術(endoscopic mucosal resection;EMR)は多くの施設で広く行われ,今や完全に確立した手技になっている。しかし,初心者から上級者までさまざまな内視鏡医が治療に携わるため,技術レベルには相当の差がみられる。実際に,EMRによる局所遺残再発率は施行医や施設間で格差がきわめて大きく,特に大きな病変に対するEMR手技は第一線の内視鏡医に標準化しているとは言い難い。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る