<< 一覧に戻る

わが国の大腸癌, さまざまな統計

【Column】Japan Polyp Study(JPS)の紹介

松田尚久斎藤豊佐野寧藤井隆広

大腸癌FRONTIER Vol.3 No.4, 69-70, 2010

本研究“ポリープ切除の大腸がん予防に及ぼす効果の評価と内視鏡検査間隔の適正化に関する前向き臨床試験:Japan Polyp Study(JPS)”は, わが国が誇る内視鏡を基盤としたはじめての大規模な多施設共同前向き比較試験(RCT)であり, 平成15年2月より登録を開始した. 平成18年12月(最終登録者数:3,926名)をもって登録が完了し, 現在, 割り付け後のフォローアップ全大腸内視鏡検査(TCS)と病理中央判定, 割り付け前検査データの解析が進行中である. 本稿では, JPSのstudy designを紹介する1,2). 『Study Design』 【対象】:40~69歳の健常者, 【目的】:大腸癌罹患の超高危険群(家族性大腸腺腫症・遺伝性非ポリポージス性大腸癌)を除く, すべての腫瘍性ポリープを摘除した対象者に対する全大腸内視鏡(TCS)の至適検査間隔期間について, 1年後と3年後に行う2回検査群と3年後のみに行う1回検査群とのランダム化比較試験によって評価する(図).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る