<< 一覧に戻る

早期大腸癌の画像診断~現況と将来展望

PET/CTによる大腸癌の診断

村上康二

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.4, 71-75, 2009

『Summary』 大腸癌はFDGが良好に集積する腫瘍であり, PET検診では最も発見率の高い癌である. しかし空間分解能に劣るため早期診断には限界がある. 検出率は大きさと強く相関し, 大腸癌であれば2cm以上であれば100%発見できるが2cm以下だと17%という報告がある. また平坦型は隆起型に比べて描出率が劣る. 臨床的にPET/CTは局所診断というよりも, 転移診断, 再発診断への有用性が高く, 特に予期せぬ部位への転移や再発診断においては, ほかの画像診断に比べて優れている. 造影PET/CTではさらに血管の解剖学的情報が加わり, 有用性が高まる. PET/CTにCT angiographyや仮想内視鏡などの3次元画像を組み合わせると新たな「術前マッピング」として有用な画像情報を得ることができる. 『はじめに』 FDG-PET検査は近年最も急速に普及した画像診断である. 検査法自体は1976年に本邦にはじめて導入されており, 決して最新とはいえないものの, 当初は専ら脳や心臓の研究に使用されるのみであった.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る