<< 一覧に戻る

早期大腸癌の画像診断~現況と将来展望

CT colonography

飯沼元三宅基隆荒井保明村松幸男森山紀之

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.4, 62-70, 2009

『Summary』 大腸のCT三次元表示はCT colonographyと総称され, 欧米において大腸スクリーニングへの応用が盛んに研究されてきた. マルチスライスCTの臨床導入による検査の高速化と三次元画像の高精細化を背景として, CTを用いた大腸の画像診断は世界的な概念となった. 欧米ではCT colonographyのコンピュータ支援検出やデジタル前処置法の研究が進められ, すでに実臨床に応用可能なシステムが開発されている. しかし, 欧米の大腸における早期診断の対象はいまだ大腸ポリープであり, これらのシステムも大腸ポリープの診断を目的として開発されている. 今後, わが国の進んだ大腸内視鏡診断に基づく表面型腫瘍の概念をCT colonographyに導入し, そのデジタル診断画像のメリットを活かすことで, 真に有効性のある大腸癌スクリーニングシステムの構築が可能になると予想される. 『はじめに』 CT colonography(CTC)は大腸仮想内視鏡として米国で最初に報告され1), 欧米を中心に大腸スクリーニングへの応用が盛んに研究されてきた2).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る