<< 一覧に戻る

早期大腸癌の画像診断~現況と将来展望

【Column】超拡大大腸Endocytoscopyの診断

工藤進英細谷寿久若村邦彦池原伸直井上晴洋

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.4, 40-41, 2009

現在, 当施設において「仮想生検(optical biopsy):生検せずに病理診断を行う」という発想のもと, 消化管上皮の生体内での観察を目的として, 超拡大内視鏡(endocytoscopy:EC)を研究・開発している. ECは拡大率450倍での観察により, 生体内で生きた細胞のほか, 血管の走行・赤血球の流れをもリアルタイムに観察することができ, 次世代の内視鏡と位置づけている1,2). ECは婦人科3)や耳鼻科の領域で発展したものであり, 大腸に関しては1982年にTadaらによる超拡大内視鏡の報告がある4). 生体内での消化管上皮の観察については, 食道における有用性をKumagai5)やInoue1)らにより臨床研究の報告があり, さらにInoueらは食道におけるEC画像をその組織異型度によりendocytoscopic atypism(ECA)分類として報告している6). 大腸腫瘍においてEC画像で認識できる所見は, 上皮表層における腺管の腺腔および腺腔縁(上皮遊離面に相当する)の形態, メチレンブルーにより染色される上皮細胞核の形状および染色性の濃淡であり, それらは構造異型に加えて細胞異型・核異型を反映している.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る