<< 一覧に戻る

切除不能進行・再発大腸癌の治療~分子標的薬と最新癌化学療法を中心に

大腸癌と免疫・遺伝子療法

金本彰地主将久田原秀晃

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.3, 46-49, 2008

「Summary」 再発大腸癌において, 現時点では癌ワクチンを主体とした能動的免疫療法は十分な臨床的効果が得られていない. しかしながら, 免疫療法と標準化学療法が融合するなど, 新たな展開も認められるようになった. 免疫療法を今後さらに発展させていくためには, 免疫誘導効果の増強を目的としたアジュバントの開発や, 癌の免疫学的逃避機構を解除できるような分子標的薬の開発・併用が重要であると考えられる. 遺伝子治療においては, βカテニン-WNT pathway制御に影響を与える分子群, p53をはじめとした癌抑制遺伝子, あるいはmiR-17-5p, miR-20aといった特定のmiRNAなど, 多くの大腸癌で活性変異が生ずることが知られている遺伝子が特定されており, 今後の展開に期待がもたれる. 「はじめに」 大腸癌における腫瘍特異抗原の発見, エピトープペプチドの同定, 樹状細胞などの強力な抗原提示細胞の臨床応用により, 抗原特異的な抗腫瘍免疫療法が進歩し, 外科治療や化学療法など従来の治療法を補完する治療として期待されている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る