<< 一覧に戻る

てんかん最前線

集束超音波治療器(FUS)による難治性てんかんに対する治療の可能性

堀智勝阿部圭市堀大樹山口敏夫平孝臣

Epilepsy Vol.15 No.2, 35-41, 2021

2013年に新百合ヶ丘総合病院に本邦初のMRガイド下集束超音波治療器(focused ultrasound surgery:FUS)が導入された.2019年6月には本態性振戦に対するFUS治療が保険収載され,2020年9月より「薬物療法で十分に効果が得られないパーキンソン病であって,脳深部刺激術が不適応の方で,運動症状の緩和を目的とする治療」が保険適応になり,現在本邦では10台以上のFUS機が導入されている.森山脳神経センター病院では2021年6月よりFUS機が導入され,東京女子医科大学の機能外科グループの協力を得ながらFUS治療を本格的に開始し,東京では初めてのFUS機の導入となった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る